雲のやすらぎプレミアムをカビから守る方法

雲のやすらぎプレミアムをカビから守る方法を詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

雲のやすらぎプレミアムは質の良い睡眠を促し、体圧を分散することで腰痛を改善してくれる高反発敷布団です。

 

マットレスのようにベッドに敷いても使えますし、フローリングや畳の上などに直接敷いて使うこともできるようになっています。

 

とても使い勝手がよく寝心地も抜群なのですが適切なメンテナンスを行わないとカビが発生してしまうことがあります。

 

発生したカビをそのままにしておくと健康被害が出可能性が非常に高いため、日ごろからしっかりとメンテナンスを行いカビが発生しないようにすることが重要になります。

 

週1回の陰干し

 

カビ対策に重要なのは湿気を取り除くということです。

 

公式サイトでもメンテナンスの方法について言及されており、週に1回は陰干しを行うことを推奨しています。

 

 

湿気を取り除くことはカビの発生を防ぐだけでなくダニや細菌の繁殖を抑える効果もあるので必ず行うようにしてください。

 

天日干しや布団乾燥機も

 

また頻度については記載されていませんでしたが天日干しを行うようにも書いてありました。

 

頻繁にやりすぎると逆効果になることがあるためおそらく1か月に1回か2回ぐらいの頻度でいいと思います。

 

梅雨の時期などで天日干しが難しい場合は布団乾燥機を使ってもいいとなっていたので、持っている方はそちらも活用してみてください。

 

壁に立てかけておくのも効果的

 

雲のやすらぎプレミアムは折りたたむのが難しいため収納に困っているという方も多いと思います。

 

その場合は壁に立てかけておくだけでも湿気対策になります。

 

特にフローリングに敷きっぱなしにしておくと布団とフローリングの間に湿気がたまってカビが生えやすくなります。

 

どこか邪魔にならない部屋で夜になるまで立てかけておけば湿気がたまることもないでしょう。

 

メンテナンスを怠ると季節によってはすぐにカビが生えることも

 

春から夏にかけては特に湿度が高くなりやすい時期です。

 

こういった時期にメンテナンスを怠るとすぐにカビが生えてしまいます。

 

実際フローリングに1か月置きっぱなしにしていたという方がカビが生えていたというコメントをしていました。

 

カビが生えてから処置をするのは非常に面倒なので、できれば普段からしっかりとメンテナンスを行いカビが生えないようにしておきましょう。

 

結果的にそれが全体に良く働き寿命が延びることになります。